dscf0622.jpg

山行の詳細記録は隊長作成の物をリンク。(横着)
2007.12.2前夜発日帰
上越 谷川岳田尻沢-天神平下斜面(雪訓)
隊長O(29),有望新人N(25), 私(43)

 先月20日過ぎから良い感じで上越国境や浅間に雪が付いてるのが見えていた。 なかなか出かけるチャンスも無いのだが、白い山に呼ばれて仕方が無い。 所属山岳会の雪訓の日帰りパーティーにかろうじて潜り込むことが出来た。 

 タダ出勤なのでサクッと帰宅。 タイヤを冬用に履替に近所のオートバックスへ。 今
シーズンは例年より2週間早いと、オートバックスの店員が嘆いていて2時間待ちとの事なので歩いて自宅に帰ろうかと思ったが、本屋に立寄ったり食事をしたりの1時間チョッとくらいで呼出しがかかった。 その足で車を取りに行き19時頃帰宅し仕度を始めるが山行頻度が低くなっている上に、シーズンイン初なのもあって案外時間を食ってしまう。 春日部19:30集合の友人2名が迎えに来るのを待つ余裕は無かった。 21:20頃熊谷を出て下道のみ途中積雪凍結は一切無し。 順調に走るも思ったより時間がかかり土合駅着が23:20頃。

先行が3P6名程いるが、これが大きな目的である私の為にビールやワイン、芋焼酎などで軽く宴。 01:00過ぎにシュラフに潜り込む。 外も比較的に温かい。 朝迄0度に成らなかったようだ。 先行の騒音に悩まされながらも6:30起床までタップリ寝た感を味わう。 テントと違って駅寝は快適で起きたくない。 ゆっくり優雅に湯を沸かして食事したり、パッキングして7:30頃土合駅に車を止めたまま出発。

 予定通り土合駅から天神平の雪訓ゲレンデまでの行程。 田尻沢を登る。 そう言えば田尻沢を登るのは初めてかな? ロープウエーの山麓駅からやや登った所から直ぐ積雪。 高度が上がるにつれて積雪も増える。 先週すでに北アで雪にドップリ浸かってきたNも、久し振りだが若い隊長Oもサクサクと歩いてるけど、おじさんは案外キツい(^^;) ややもすると遅れがちになる。 さすがに、タバコ止めようかなと言う気がしてくる最近。 人間ドックの検診表見てみると5L以上有った肺活量も去年4L切り始めたのも気になる。 今月17日の検診の記録によっては本当に禁煙しようかと考え初めている。 こんな体力じゃ、ハイキング以上の雪山を楽しめないもんなあ...

 2ピッチで天神平着。 先週開業?のスキー場はガラガラで、雪見の観光客がポツポツ。 雪訓の山岳会集団も1Pしか見当たらない。 本峰の登山者も2Pしか見かけなかった。異様に少ないなあ。
 よい天気の下、雪訓。 景色が良いから登りたい所だが、今日の様なポンコツPだと時間的にも無理だろうという賢い隊長の好判断。 おとなしく雪訓に勤しむ。 滑落停止練習とか何年ぶりかな? 形にならなくて大汗。 ピット堀り、雪断面観察、ビーコン捜索、歩行練習等実施。 昼過ぎには斜光線。 13時過ぎに早々に往路を下山に掛かる。 私の心肺でも下りは快適、快適。 15時土合駅着。

 その後、水上交流館で入浴。 蕎麦屋で早めの夕食。 帰りは高速で...昭和インター覆面パトカーに捕まり(別途報告)19時頃熊谷駅で都内に帰るNを降ろし、自宅に帰る。 スタッドレス履いていないOが自分の車に乗り換えて春日部に帰るのを見送った。 道具を片付けると、夕食のソバだけでは物足りない気がしていたのでサバの唐揚げと、スーパーの半額セールで買って来た焼き鳥をツマミにしてビール。 野球の五輪最終予選韓国戦をコタツで見ながらの極めて幸福度の高い晩酌だった。 上原が出て来たあたりで寝てしまい、遅くに帰宅した奥さんに起こされ意識朦朧で布団に移動してしまい、野球の結果は会社で新聞を見て知る始末だった。
 土曜日の出勤以外は幸福度、充実度双方満たしてくれた良い週末だったな。