dscf0797.jpg

 本当は上州武尊で山スキーをしたかったんだけど、寝不足気味だったのでゆっくり寝てからゲレンデスキーに出かける事にした。 微妙な時差攻撃で関越道沼田ICの出口渋滞も避けられるという作戦。 予定通り8時に出発。 好きな下道で赤城ICまで行ってしまった。 沼田までスムーズにアクセス。 川場村の市街からスキー場への山道になってから積雪が出て来た。 10:30スキー場着。
  スーパー午後券(10:00~終了迄)のリフト券を¥3,800で購入。 途中のセーブオンで貰った割引券で¥1,500の食事券と1日券¥4,200が\5,000なので多いに悩んだが、缶ビールとカップラーメンとガスコンロをリュックに入れてあったので、天気も悪く無さそうだし、ゲレ食は使わないとの判断でスーパー午後券を購入した。 スーパー午前券ってのも同じ値段で朝から14:00まで滑れるそうだ。 どっちもユーザーライクな設定で良心的だと思う。
 ゲレンデは開業当時から変わってない。 ボードを受け入れたので、タダでさえ幅は狭いコースだったから不快かと思ったが、想像以上に人の密度が低く問題無いようだった。 ただ全般的に雪がガチガチのアイスバーンで転んだらイタそうな感じだった。 ボーダーが入ってるおかげで、昔は凄い階段急斜面だったコースも多少コブが、ある程度の良いコースになっていた。 
 このスキー場の売りであった施設は経営母体が変わって手を入れたのか バブルの遺跡で今は赤字で廃れてます感は無くなり、清掃や手が入れられて良い感じになっていた。 今シーズンからは自慢の立体駐車場も無料になり、コスト的にも首都圏からの日帰りスキーヤーに御薦め出来るな。 下の写真はスキー場の中央から下の部分。 コースのレイアウトが見えるかな?
dscf0788.jpgdscf0790.jpg
 さて早速滑り出す。 天気は良いのだが典型的冬型で上越国境稜線を境に晴れと雪がくっきり分かれる天気。 晴れの北限がこのスキー場の上部にある上州武尊。晴れてはいるのだが、雪が飛んで来る。  寒いよー。とてもじゃないが外でお茶したり、飯食える感じでは無い。 結局リュックは一度も開かずに、ゲレ食に逃げ込んでカレーとビール(^^;) 結局¥1,500なり。 ちぇっ!割引券で¥5,000パック使えば良かった。 ゲレ食に逃げ込んだ50分以外は、滑りまくり16:00の最終リフトまで存分に遊んだ。 コースが平たくて堅かったせいか筋肉痛も無く、ココ迄滑れたのだろうか? おかげで帰りは関越渋滞に当たってしまったので高速無しで帰宅。 途中の温泉(富士見村富士見温泉見晴らしの湯)で¥500風呂。 ついでに飯とビール。 前橋市街地の夜景が露天風呂から見えて気持ちが良い。 21時過ぎに帰宅した。