DSCF1272


JR東日本の正月パスって企画乗車券で元旦からカミさんと長距離旅行ごっこ?をしてみた。 このパスの存在を知ったのが、年末の10日、ダメもとでネットで切符を予約してみたら席がバラバラだったりしたが確保出来てしまった。 キャンセル料もかからない様子なので一応押さえた。 本当はグリーンの方が良かったが、こっちの方が倍率が高く早々にあきらめた。 後日、ネットの掲示板等で色々と情報収集すると、キャンセル料発生直前の3日前に大量に仮押さえしていた鉄が席を放出するとの情報を得た。 カミさんは旅行会社経由で窓口に予約を依頼。 苦労に苦労を重ねてなんとか去年の29日に理想の列車に二人並びで席を確保した。
函館滞在2時間は免れて、日帰りでは一番長いパターンで観光出来る。(と言っても3時間半)
東北新幹線に乗ってから大宮で買った駅弁とビールで朝食。いやあ幸福幸福。
幸せの写真(ビールと駅弁)も撮りたかったのだが、3人掛けの隣に座ったおじさんに話しかけられて延々と話し込んでいたので何となくデジカメ出せる雰囲気では無かった。 おじさんも正月パスで義理の弟と二人で旅行ごっこだそうだ。 インターネット出来ないので窓口で苦労して何とか二人分の指定席を確保したが、3人掛けに一人づつ、どっちの席も二人連れなんで替わって貰う訳にもいかず...と言うことだった。 この数年は毎年やってるとかで、グラスと焼酎とつまみを装備で御機嫌だ。 私も次は日本酒だ!DSCF1241
                                      
昼飯は事前調査して寿司屋に行こうとしていたのだが、なんだか駅前のいかにも観光客向けって感じの店でウニイクラ丼喰ってしまった。 元旦ではあるが、観光客向けの商業施設は、ほぼ平常通りという雰囲気で市場も半分程度の店は開いているようだった。 ベイエリアを散策方々函館山のロープウエーまで歩く。 夜景の時間までは粘れず16時過ぎには駅に向かう。 市電で駅に行き駅弁とビールを買って帰路に着く。 それにしても函館暖かかったなあ。
往復ともに鉄ちゃんとか、私たちと同じチケットで旅する人が一杯だった。特に一番時間の長い八戸-函館間の特急は人が通路やデッキに一杯でトイレの近い私は心行くまでビールが飲めなかった!! 本2冊雑誌1冊持って行ったが、駅売りの日経新聞と小説読み始めたくらいで終わってしまった。 なんとなく読書の感じじゃなかったかな?  今度はグリーン車で雪の日本海側縦断やってみたいなあ。 数年前JR100年記念とかで似たような企画やったときに、指定取れずに失敗したんだよなー。



熊谷
06:56発 [上越新幹線]Maxたにがわ400号
07:09着
大宮
07:22発  [東北新幹線]はやて1号
10:03着
八戸
10:15発 [特急]スーパー白鳥1号

13:14着
函館
16:51発     [特急]白鳥32号
19:49着
八戸
20:00発   [新幹線]はやて32号
22:42着
大宮
22:50発  [新幹線]Maxたにがわ429号]    
23:03着            
熊谷