東京水辺ライン震災特別便

先週乗りに行った友人から、ほぼ貸切との情報を得ていた事もあり出掛けて見る。  当初は交通混乱が激しかったし、精神的なダメージもあり、野次馬で出掛ける元気が無かったせいもあったが、そんな気遣いも杞憂なのが判って来たし。
東京水辺ライン船内
  昨日の土曜日までの好天,春らしい雰囲気とは打って変わってどんより曇って最高気温が8度。 朝から晩迄ずっと8度で寒かった。 川の上では風もあり、ますます寒いが、船室の屋根上のデッキに30分ずっと出ていた。  普段の散歩とかサイクリングで馴染みの川沿を船から見るのはナカナカ面白い体験だった。 千住から上流とかも周遊するコースがあるが、チト値段が張る。 何よりも年間で3日とかしかないので人気があって、予約取りにくいという話を聞く。 
 あんまり交通機関として、積極的に使って貰おうと言う意志は感じないな。

スカイツリーと隅田川 上手くやれば、公共交通機関としての需要がありそう
な気もする路線なんだけどなあ...    来週あたりは、桜の時期でもあるし天気がよければ200円で隅田川の川遊びに浸れてご機嫌だと思います。  浜町で船を降りて銀座まで歩いた。 自粛の秋葉原はさておき銀座は歩行者天国実施中で震災義援金募集祭りで、大賑わいだった。  Dr.中松が都知事選の街頭演説してた。

 昼飯喰ってから、さらにブラブラ歩き二重橋前から地下鉄で帰宅。


水辺ライン震災特別便の事情震災特別便の本当の存在意義。Dr中松街頭演説 あんまり使われると迷惑なんだろう(笑)  お客さん乗っても乗らなくても関係ないんだろうなー。 


Dr.中松 カメラ向けたら視線くれた。 手も降ってくれたんだけど、撮れなかった! 一票入れても良かったな。(今回は棄権でした)