アナログ消滅の日
 TVアナログ最後の日、待っていました!!2月に地デジ化は済んでいたので心配は無い。

 これで、VR150の混変調は無くなるんじゃ無いか!? と、楽しみにしていた。 まあVR150の太信号特性が思わしくないのが主因なんだけどね。 ICF-SW7600GRやRF-2600どころか、その辺のワンチップ安物ラジオでも、クリチカル過ぎて厳しいチューニングさえ出来れば充分に使えるんだけど、VR150とかのワイドバンドハンディ機では放送受信すら厳しい。 室内で付属のホイップアンテナでさえ、その状況だもんな。

 で、深夜十二時前にTVとVR150をスイッチを入れて受信。 TVはアナログに、VR150は普段使っているAirBnd用のバンドパスフィルターを抜いている。 当然、AirBandは羽田のATISですら混変調にに埋もれて聞こえないが、アナログ電波が途切れた瞬間に聞こえるようになった。 当然、メーターは振り切れている。 おおお、BPF無しでクリアだー。 バンドを流してみると、所々に混変調と思われる信号は有る物の、今までと比べると恐ろしく静かだ。 いやー嬉しいねえ。

 あれ?VR150に夢中になっていて、TVに気が回らなかったけど、テレビ付いてるじゃん? そう言えば、他の人のサイトとか見ると画面がブルーになって無かったな。 何だ?このデジアナってテロップは? TVのアンテナ線を壁のコネクタから引き抜いて見るとTVは見えなくなる。 今までは、テレビ側の端子からアンテナ線を抜かなければ、チャンと写っていたのである(笑) これはどうやらケーブルTVの仕業だな....と、この時になって始めて、ケーブル局がデジアナ変換してくれる等と言う事を知ったのだった。 翌日、新聞とか見てみると随分先までこのデジアナ変換を継続してくれるらしい。 なんだよ、だったらTVとかレコーダー買うの、もっと待って良かったじゃないか!! チャンネル増えて、綺麗に写ってもロクなコンテンツ無いじゃないか! だいたい地デジ化なんかして嬉しいのは、一部企業だけじゃないか怒。 とか、良いながらも実は貧乏なエアバンダーは嬉しい結果になりましたね。 あとは、スカイツリーから電波出されちゃったらどうなるのかがチョットだけ心配だな。

写真はスカイツリーとウチのAirBand用アンテナね。 以前撮った頃は、隣のマンションのせいで見えなかったんだ。