2012.12.30
 iPhone 5のテザリングで使ってやろうと、中華PadのWiFi設定を開くが何故かiPhone5の電波を見つけられない。

 ググルと、iPhoneのテザリングスタートをiPhoneの、設定>インターネット共有でonにしないで(この方法はキャリア各社が薦めているが)、設定>一般>モバイルデータ通信→インターネット共有をON、画面に一切触らずに入れば見えるので、まだ画面が消えないうちに、アンドロイド端末でPass打ちこめば良いとか民間療法wが横行している。

 ここでじっくり検討してみる。 iMacやMacBook,iPhone4からは”kumagayatozanntaiのiPhone”(仮称だよ)と言うWifiネットが、しっかり見えている。 iPhoneの初期設定時に、iPhoneの名前は、あえて”kumagayatozanntai" と名付けてある。 

 iPhoneデフォルトの設定だと、IPhoneは”持ち主の登録した名前”と”のiPhone”を併せたものを自分の名前にしろ、と言う事になっているようだ。 自らがルーターとなるWiFiネットワークの名前には、 これをネットワークの名前に使ってしまう。 これだよコレ。 長年のMac経験で培われた勘が冴えをみせた。 iPhoneの名前に漢字(日本語)使ったりしたらダメと見た。

 iPhoneの設定>情報>名前を確認すると”kumagayatozanntaiのiPhone”となっている。 この画面で単純に”の”を削除して” kumagayatozanntaiiPhone”に替えやったところ、あっさり中華Padから見えた笑。

 iPhoneのホーム画面から、設定>インターネット共有→インターネット共有オフボタンをオンにして、少し下にある””Wi-Fi ” のパスワード”と、言うのをandoroidから入力してやると、あっさりiPhoneテザリングにリンク出来た。 iPhoneから勝手に名前を替えちゃって、iCloudとの連携とかに影響与えないかな? MacBookProのiTunesでやった方が良かったかな? とか不安が、よぎるがモーマンタイ。 今の所、トラブルは起きていない。

 iPhone5のテザリングで、中華Padあんまり全開で使っていると、9Gのデータを利用した時点で128kb/s(何だか懐かしい響きの速度ですねえ) の制限がかかってしまうらしい(SoftBankの場合)ので注意が必要です。 中華Pad快適すぎて、テザリング中に普通にネット見ちゃったりしたらアブナいですよ〜。 

LTEテザリング快適です。  車で移動しながらでも5〜10Mb/sくらいb軽く出てます。 都心部では40M〜50M出たと言っている方も多数居るようです。 私のウチでは、まだ23Mb/sメガ位が最高値です。