昨年末から既に4ヶ月間、いじり倒している中華Pad M704Sが、ついに故障?した。 まあ連日、ハードに(特に物理的に)使っていたから、致し方ない。 逆に4ヶ月間随分と楽しませてもらった感が強い。 ホントに手荒に使用して、床に放置したりしていたから踏んづけて壊しちゃうだろうと想像していたが笑)

さあ、心置きなくNEXUS7を買おう!と思って事前調査の為つい中華Padを手にしてしまう(苦笑) コイツのおかげで、大枚はたいたRetinaマクブクの出番が激減したもんだ。
ココから
さてNEXUS7は置いといて、M704Sの症状だが全く充電出来ない。 購入時の予想通りコネクターがチャチで充電用を兼ねたMicroUSB端子が壊れたようだ。 中華Padの良い所で、壊れてからも楽しめる。 面白そうな部品無いかなー?躊躇無くバラす。 バラしも簡単。ご覧の様にバラし用に昔に自作した治具(歯が薄めのマイナスドライバーでも代用可)を差し込んで、こじるのみ。 何の迷いも無し。 普通ばらす時は本体を眺め回して、構造や弱点を想像して傷とか付けない様に頑張るんだけど、ラジオ少年の頃と一緒で目的はバラすことなんでチョッと手荒。 そんな元ラジオ少年オヤジの手に余る事も無くパカッと簡単に御開帳完了!  参考迄に書いておくとMicroSDを差し込みっ放しでバラすと、これが引っかかってMicroSDの装入口を破壊してしまう。 私は写真の場所をコジって、そこをきっかけに、強引に手でバキっと背面カバーを開いたが、対角線側をコジってからゆっくり慎重に開けるのが正解かな? 言う迄も無いだろうけど必要ならデータは事前にバックアップしてね。 コイツには数々のヤバそうなアプリを入れたり消したりしながら遊んでいたので、バックアップしなければならないデータは無かった。

 さて一番目につくのがバッテリー。 3.7V3700mAとは中華中身笑わせてくれる。 さすがは中華はインチキ臭ぷんぷんで楽しい。 定格表記では3.7V3Aだが、価格的、サイズ的、使用感的にはどう転んでも2A強ではないかと想像。 
スピーカーには、劣悪品質の圧電ブザーが付いていた。 MicroUSB端子はアキバで見かける汎用的なヤツで代替出来そうだがメインのボードを外さなくてはならない。 充電端子だけリード線で引張りだして普通のDC端子付けてやるのが、お手軽だろうと考えたがチョッとまて。 私、結構頻繁に付属していたインチキUSBコード(USB-AーMicroUSB-A)でマクブクにつないでいた。   M704Sの本体メモリ、内蔵メモリ(ストレージ用)、MicroSDと全てがOSXから外部ストレージとしてマルッとお見通しだったんだよね。
 よく考えると、Nexus7にはSDカードなんて繋げないし、タマに使っていたHDMI出力なんて無いじゃないか! よし、修理しちゃおう! テスターを引張りだして色々と調べていると何だか変だ。 壊れたのは本体側じゃなくて充電器の方のコネクタじゃないのか? 件のインチキUSBケーブルでMacと、つないでみると
充電出来る。 どうやら本体に付属していた充電USB-MicroB器のコネクターかコードに異常があるのが判明。 先入観とは恐ろしい。

充電器も調べたかったが ACアダプターってバラすの手間なんだよなー。 多分コネクタの根元で断線してるか、コネクタ自体が逝ってる感じ。 テスターのプローブがMicroUSB -Bの内側迄入らないや笑
コネクタ買って来て交換してみよう。

Android4.1.1でサクッと立ち上がっちゃったけど、最後に遊んでくれるなあ中華Pad笑 それにしてもandoroidって、楽しいよなあ。 反面こんなレベルで携帯のOSとしてマトモに動いてるのか心配な気がする。 メーカーがチューンしてるから平気なんですかね?
プローブがぁ